Uncategorized

新型コロナ期間中の学びの場の変化とともに

「ホームスクール」という概念が日本にはさほど広まっていないようですが、近年、海外では家庭で学ぶ子どもたちの姿があるようです。

現代社会において、学校があるのにどうして子どもたちが登校しないのかという疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、日本においては「ひきこもり」「不登校」などと称される子どもたちが学校に行かない理由が十人十色であるように海外の子どもたちにも様々な理由をもって、家庭で学ぶことを選択するケースがあるようです。

いぢめ、偏見、宗教、人種差別、障害など、現実的には「学校に通わない子どもたち」にネガティブなイメージを抱く方が多いかもしれませんが、そういった現実の反面では、父親、母親が自らの子どもたちの学びを自分自身で手ほどきするために「ホームスクール」を自首的に選択する人々もあるようです。

「ホームスクール」「ホームスクーリング」」は、国々の制度によって合法・違法となるケースがみられるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です