Uncategorized

勉強の先にあるゴール

「受験」や「検定」「試験」などが目の前にあるとニンジンを目の前に吊るされた競走馬のようにシャカリキになって突っ走るのは、日本人学生に多い習慣であるとも言われています。勉強は良い成績を取るため、良い成績を残すためとして「試験」「受験」に向かって勉強をした学生たちが、そのゴールを迎えた時点で燃え尽きてしまう光景は日本社会において珍しい事柄ではないようです。皆さんも学生時代を振り返ってみると、身に覚えがある経験であったりしませんか。日本社会のなかで多くの大学生が、過酷な受験を突破し、その手に合格を手に入れたとたんに学ぶことをやめてしまう現実は、幼少期における学びの現場で身に付けてきた習慣によるものなのかもしれません。勉強は「受験」や「試験」「検定」を突破する手段であり、勉学の先にあるゴール自体を見間違えているといっても過言ではないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です