Uncategorized

教育先進国であった江戸時代の日本

専門家によると江戸時代における日本の教育水準は世界最高であったかもしれないと言うのです。江戸時代における日本社会は、教育における先進国であったようです。

教育先進国と称される当時の日本国内において「寺子屋」は、その当時1万6千軒以上あったというような資料があるようですが、実際に残された建造物などから当時の様子を探ってみるとその数倍の存在を示す結果が判明しているようです。

「寺子屋」で行われていた教授の姿は、現代のような政府に管理された全国一斉の教育機関システムではなく、子どもたち個人に沿った個別カリキュラムのもとに進められる個別型の授業であり、出席もお休みなども管理もかなり本人主体の自由な制度をもっていたようなのです。

寺子屋に関する資料はかなり多く残されており、寺子屋を通じて子どもたちが自由な空間のなかで学ぶことを楽しんでいた様子が伺えるようです。

現代における政府による管理のもと全国一斉にシステム化された学習カリキュラムのように、勉学イコール勤勉であることが評価されたり、将来の出世を想定するなかでの過酷なお受験戦争を勝ち抜いていく強制的な雰囲気は、寺子屋にはにられなかった様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です