Uncategorized

英会話の教材

大手の英会話教室、特に CM や電車内などの広告に、莫大にお金をかけているような会社では、いわゆるしっかりとした「メソッド」を持っており、英会話教室に通う人に対して、「このように教えれば、これくらい伸びる」という理論と基準を持ち合わせていることも多く、医者に例えるならば病例数が豊富な病院、とでも言えるでしょうか。

英会話の教材などは、どんなものがどこで用いられているか、書店やインターネットなどで目にすることも多いはずですが、

しかしはっきり言ってしまえば、英会話教室のレッスン以外の時間をあなたは教材と共に過ごすことが多いはずですから、そういう意味で言えば英語力のアップの大部分を担っているのは教材であるとも言えなくもないわけです。教材をいかに汚して書き込んで自分のものにしていくかがじゅうようであると言うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です