Uncategorized

英会話の耳のつぼ

「英語耳」という単語があるようなのですが、皆さんはご存知ですか?「英語耳」には様々な定義付けがあるようなのですが、ここで私がお話したいのは、日本語と英語の相違についてです。文法上や、会話や文章の構成に違いがある事は、もうすでに皆さんはご存知な方も多いのではないかと思われるのですが、日本語と、英語の「音」について述べていきますと、英会話から比較する、日本語での会話は、「子音」に比べ、どちらかというと「母音」の音声の比率が高いそうなのです。そのような違いから、私達、日本人が、日本語を聞きなれた耳で、英会話を聞いていても、なかなか単語が拾えない理由に繋がってくるのではないかというような観点から、日本語と英語の相違が考えられているようなのです。では、「英語耳」はどのように手に入れれば良いのでしょうか?「英語耳」をどのように作られ、手に入れるのかは、私自身も正直、分からないのですが、私達が、日本語を日常的な会話などを聞きこむ事で、慣れ親しんだように、英会話を単に聞き慣れれば良いのだというような記述もみかけた事がありますので、洋画や海外ドラマ、洋楽、海外のWEBサイト動画などを利用して、手軽に英会話の発音に慣れることで、「英語耳」が手に入るかもしれません。同じように、外国人が、日本語を学ぶ際には、動画やドラマ、映画などで、日本語の音声を聞き慣れる事で、会話力がアップしたなどと、ブログなどに書き込んでいる人々もいるので、慣れない言語を学ぶ時は、その言語に慣れ親しむ事が、人間の本来の適応力を引き出してくれるツボなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です