Uncategorized

動物あてクイズ

動物のスペルを当てるというクイズも英会話を楽しくするのにいいそうです。

英語で伝えるというのを考えてしまうと難しくなってしまいますが、まずは動物の特徴などを伝えて、相手に伝わるという体験というのをしていくと英会話が定着するそうです。

イラストから英語を思い浮かべるということで、子どもたちが喜びそうな感じです。このイラストに対して、動物を説明する英語を使うというのが大切なようです。

馬のイラストを見ながら、

I have a big mouth . I don’t have big ears.
I am brown. I can swim.
など、馬に関して知っていることを言っていくというのです。

これを使う場合、カテゴリ、大きさ、長さ、色、住んでいる所、特徴、できることなどを上げていくといいそうです。


象の場合は、
I am an animal. I am not small. I am big and heavy. I am gray. I can swim.
I have a long nose.
というようにするといいそうです。
確かに改めて文章を作ってみると、a をつけるのを忘れていたり、aをつけなくてもいいものだったりと、簡単なことを忘れてしまったりしているのに気が付きます。
また、象が泳げるのか、飛べるのかもよくわかりませんが、ダンボみたいなものなら、ということをいいたくなったら、それも英語にしてみたらいいかと思います。
子ども用の英語の勉強でも、大人もやった方がいいような気がします。簡単なものから入ると英語も怖くなくなるともいいます。

また、何事も慣れだということなので、こういったことから慣れていけばいいような気がします。
一分間ぐらいでどんどんやっていくのもいいかと思います。
動物だけではなく、身近な文房具なども使えるかと思います。
目に入ったものを英語で説明するというのをチャレンジしてみるのもいいかと思います。
その際は動物クイズと同じようにカテゴリ、大きさ、色、などで表してみたらいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です