Uncategorized

スペルの勉強

スペルの勉強といっても、複数人でクイズ形式でやっていくのも楽しいかと思います。
簡単な単語で、動物や色、物のスペルを思い浮かべるというものだそうです。

文字を推測して、単語を完成させるというもののようですが、意外にスペルを間違えていたりするので確認の意味でも良いかと思います。
受験英語ではないので、記憶も気楽にしたらよいかと思います。特にお子さんとの英会話学習にいいかと思います。

たとえば「茶色」の英単語を思い浮かべるということにすると、ヒントとして「5文字」であることや、「Bから始まる」「色である」ということを言っていくそうです。
そうしてヒントを元にして「brown」という単語を導き出すというものだそうです。黒板でも紙にでもヒントを書いていくということだそうです。
いろんな単語を思い浮かべることができるというのと、質問の方も無限に考えられるのでいい勉強になるかと思います。

4人組でできるスペルの勉強法として、ジグソー英単語というものがあるそうです。
4枚の紙に、単語をばらしたアルファベットを書いておくそうです。
それを4人に渡し、ひとりひとりがそのアルファベットを言って、答える人は、それを並べ替えて単語にしていくというものだそうです。
一人でもできそうなので、やってみましたが、なかなか難しくて、頭の体操になりました。

なるべく簡単なものから初めた方がいいかと思います。
たとえば「book」なら、「b」「o」「o」「k」をバラバラにしてそれぞれの字をそれぞれ紙に書いておくということだそうです。
B,o,o,k というアルファベットを見て、bookと判ればいいというようなゲームですので、上級者になれば難しい単語でやってみるのもいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です