Uncategorized

絵本や児童書を読む

本当の英語初心者が、「自分はまだ子供レベルの英語力しかない」と自覚する必要性と、「それは恥ずべきことではない」ということについて前項では述べてきました。では具体的に、どんなレベルに合ったことができるのでしょうか。

一つは、英語で書かれた絵本を読むことです。絵本については、洋書を扱っている書店で買うこともできますし、古本屋でも場所によっては数多く揃えられています。もし可能であれば、ぱらぱらと立ち読みしてみるのも好いでしょう。絵本については、どの年齢向けかでも変わってくるでしょうが、まずは一番簡単なものを選んでみましょう。恐らく動詞や名詞などだけのもので「Dog」「Cat」程度のものに、絵がついていることでしょう。中には「こんな簡単なもので馬鹿にするな」と思うかもしれません。しかし、それでいいのです。そのレベルは「その人にとって馬鹿にされていると思う低いレベル」ということが分かったのですから収穫です。次に、ひとつ上の年齢のものを選んでみましょう。だんだんと語数が増えてきたと思います。日本の絵本も同じですが、年齢が上がれば語数も増えていきます。まだ分かる、問題なく理解ができるのでしたら、さらに上の年齢のものを選んでください。こうして選んでいくと「なんとなく分かるけど、分からないものも」あるというレベルにぶつかると思います。それを選んでください。「ちょっと分からない」のであれば、少し勉強することで理解できるようになります。すると当然ながら「自分は英語を理解できるようになった」という達成感にも繋がります。

初めは絵に助けられながらで構いません。達成感を積み重ねて、英語への自信をつけていくのが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です