Uncategorized

レッスンの形態1

また「レッスンの形態」も重要なポイントです。具体的な種類として三種類を挙げれば、1対1で行う個別レッスン型、1対2~4のセミ個別レッスン型、それ以上の講義型(大人数型)などが挙げられると思います。1対1で行う個別レッスンの場合、3種類のレッスン体系の中でもっとも値段が高くなりがちです。確かに、講師と1対1で行い、緻密なレッスンも受けられるうえにすぐに個別のフィードバックも受けられるわけですから、最も高くなるのも納得できるのではないでしょうか?この個別形式の場合、講師との間で信頼関係を築きやすいのも特徴の一つです。講師との間で忌憚なく話せる環境を作ってしまえば、不明なところや納得のできないところを時間内にしっかりと聞くことができるでしょう。続いて、1対2~4人のセミ個別レッスンの場合、完全な個別レッスンとは異なり、複数の生徒がいるのが特徴ですが、メリットもあります。それは、他の生徒が間違えたミスをフィードバックすることで、間違えやすいポイントをしっかりと確認することができることです。個別レッスンではこのようなミスの顕在化がしにくいというデメリットもあるのですが、セミ個別レッスンでは発見しやすくなります。また、個別レッスンに比べて値段がやや安いことも特徴です。それに、同じ英会話を学ぶ仲間が得られることも大きな利点になります。4人くらいまでの少数ですから互いに話しかけやすく、英会話に関して情報共有がしやすくなるかもしれません。大人数の講義形式のところでは、なかなか相互にコミュニケーションを取ることは出来ません。このようにセミ個別レッスンは、個別レッスンと大人数型のいいところを両取りしたかのような特徴を兼ねそなえていると言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です