Uncategorized

日本人の従来の英語教育

近年、英語はアメリカやイギリスの言語という域を超え、全世界の標準語となっているような風潮があります。多くの国が加盟している国連ではたいてい英語で議論が行われていますが、実際英語を母語としている国は非常に少数なのです。またインターネット上でもコミュニケーションのほとんどが英語で行われています。この状況のために、英語が母語でない日本人も英語でコミュニケーションを行わなければならない場面が増え、これからもますます増えていくでしょう。しかし現在、国際社会で十分渡り合えるような英語力を持った日本人は極めて少数でしょう。英語力を測るテストのスコアを国別で見たところ、日本人受験者のそれはアジアの中で下から数えたほうが早いほど低いランクでした。近隣のさほど文化的な背景などが異ならない国と比較しても日本人の成績は得点、伸び率共にかなり劣っています。しかし日本で英語教育が行われてきていないわけでは決してありません。日本では学校で、また入試でも英語が重要視され、その他多くの教材や英語塾、英会話教室が存在します。それではなぜ英語力がここまで低いのでしょうか。ここで考えられるのは英語学習の取り組み方でしょう。英語は言語なので、書き言葉である文字と話し言葉である音声の両方があります。しかし今までは学校や入試において長文読解や文法、つまり英語を目で読み理解することに重きをおいてきました。またこれらに対応するため数多くある英語の学習教材もほとんどが文法や読解の問題対策のものでした。もちろんこれらの学習も必要ですが、実際に使える英語を習得する上で他にも必要なこと、つまり音声、会話を重視した学習をしていかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です