Uncategorized

外来語としての英語

毎朝とどけてもらう新聞には、かならずといってよいくらい何枚もの広告チラシがはいって いる。それにも、カタカナ英語があふれでいる。 新 聞のチラシなんて、べつに英語の専門家が見るわけじゃない。家庭の主婦とか子どもとかおば あちゃんとか、そういう人に知ってもらわなくては意味ないのに、日本でつかわれている英語は、外来語としてつかうのと、英語としてつかうのにはこつがあると思う。もとはたしかに外国語から来たんだけれども、ニ ュアンスがかわって き て、日本的、日本式になりました。とりわけ、外来語としでつかういわゆるカタカナ英語とういうのを人はジャパ ニーズ ・イングリッシュという。カタカナ英語の悪い影響がではじめて、その英語のほうまでおかしくなってきている。 話す コ卜バもそうだと思う。相手がそれをわからなくとも、外来語だとかカタカナの英語を つかえば、なるほどという顔をするし、 つかった自分のほうもなんとなくえらくなったような 気がするというのでということになるのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です