Uncategorized

音声の重要性

これまでの様々な研究から、動物も独自の言語を持っていることが解明されています。オーストリアの科学者は、蜜蜂がダンスによってお互いのコミュニケーションを図っていると発表し、ノーベル賞を受けています。またアメリカの神経生理学者は、イルカの出す声は他のイルカとのコミュニケーションの媒体であるととを解き明かしています。ネコやサルが鳴き声で意思の伝達を行っているととは、私たちには周知の事実でしよう。日本ザルに至つては、50種類もの異なる音声で感情を表現していると言われています。

このように、言語を持つのはヒトだけではありません。しかし、ヒトの言語との決定的な遣いは、サルの声は不特定多数を相手としたものであるのに対し、ヒトの言葉は1対多であれ、1対1であれ、相手に対する伝達や話し合いの手段であるという点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です