Uncategorized

子どもたちの好奇心に寄り添う

幼児英会話に取り組んでいるお父さん、お母さんのお悩みとして、英会話学習に子どもたちが好奇心を持ってくれないというようなことはありませんでしょうか。このようなお悩みを抱えているお父さん、お母さんの落とし穴としては、市販されている幼児英会話のカリキュラムを1から10まで定型のかたちで推し進めようとしてい…

Uncategorized

子どもたちの発育の中での役割

脳の発達は皆さんが義務教育に入学する以前からはじまっていると言われております。子どもたちの成長には、人種・社会・貧富・国籍など、様々な環境の違いがありますが、子どもたちの脳の発達においてお父さん、お母さんの働きかけはどのように作用しているのでしょうか。皆さんはご自身が親という存在になってから、ご自身…

Uncategorized

友人G英会話でモテる

英会話ができると本当にモテるのでしょうか。先日、友人Gが英会話教室に通い始めたのですが、その理由が「モテたい」という単純な理由からだったのだそうです。実際、職場などで英会話ができる男性の姿をみて皆さんはカッコEと思いますか。私自身が「NO」なので、友人Gの思い込みや勘違いが一人歩きしていると思ってい…

Uncategorized

子どもたちの学習環境

自分の英語コンプレックスを子どもの幼児教育として押し付けていませんか。夜の10時過ぎに主要な駅前には塾に通う子どもたちのお迎え渋滞が起こっている昨今の日本社会の中で、子どもの教育に対してパパママたちの過剰な取り組みを懸念するような声もあがっているようです。自分自身の幼少期に英会話が苦手であったパパや…

Uncategorized

英語の国・アメリカでの補助スタッフのあり方

先進国の一つ、アメリカの労働現場に置いて、特筆すべきなのは、さまざまな状況において、オールマイティーに業務をこなせる責任者だけではなく、専門業務に特化した「補助スタッフ」の活用が見られることです。たとえば医療の現場では、医師や看護師と共に働く補助スタッフに「医療行為に必要な物品の補充」「患者さんの院…

Uncategorized

シャドーイング

英会話の上達方法として、シャドーイングという練習方法があります。シャドーイングは、聞いた英文をそのまま口に出す方法です。英文を聞き終わってから声に出すのではなく、聞こえてくる英文をそのまま追いかける(影を追う)というのがポイントになります。聞くことと発音することを同時に行うために、非常に難易度が高く…

Uncategorized

はじめて知った「片付け」の英単語

最近、アメリカで話題となった人物の中に、片付けコンサルトというような肩書きの日本人女性の名がありました。日本では、すでに、そのブームは下火的な雰囲気もありますが、以前、アメリカでも、日本とほぼ同時期に注目されていた片付けメソッドのようで、今回の再注目は、以前の人気のカムバック的な受け入れられ方をして…

Uncategorized

英会話のステップアップ力と年齢

皆さんは、何歳から英会話の勉強を開始されましたか?その後、どのくらいの年月の間、英会話の勉強に取り組んできましたでしょうか?「最近は、年齢もあるから英会話のスキルも、これ以上は伸びない気がする」なんて事を、無意識につぶやいたりはしていないでしょうか?もちろん、英会話を習得するには、年齢的なブレーキが…

Uncategorized

英会話の耳のつぼ

「英語耳」という単語があるようなのですが、皆さんはご存知ですか?「英語耳」には様々な定義付けがあるようなのですが、ここで私がお話したいのは、日本語と英語の相違についてです。文法上や、会話や文章の構成に違いがある事は、もうすでに皆さんはご存知な方も多いのではないかと思われるのですが、日本語と、英語の「…

Uncategorized

英会話学習法のチョイス

英語検定や、TOEICなどの試験や英会話スクールの模試などで、高得点を取れれば、英会話がペラペラになると考えている人々には、少し異なる観点から、考えてみてはどうかとお声掛けしてみたいと思います。英会話が話せるスキルと、模試や検定で高得点を取る事には、別のテクニックやスキルが必要であると思われるからで…