Uncategorized

最短距離で伝わる英語を身に付ける

「文法を丁寧に学ぶ」、「外国人ですら使わない複雑な表現・単語ばかりを学んでいる」、こういった”従来型”の英語学習のせいで、多くの学習者は伸び悩んでいます。その反面、ネイティブが日常生活の中で使っている普通の表現を学んでいないことがほとんどです。”生きたコミュニケーション”のために必要なことを学べなけ…

Uncategorized

動物あてクイズ

動物のスペルを当てるというクイズも英会話を楽しくするのにいいそうです。 英語で伝えるというのを考えてしまうと難しくなってしまいますが、まずは動物の特徴などを伝えて、相手に伝わるという体験というのをしていくと英会話が定着するそうです。 イラストから英語を思い浮かべるということで、子どもたちが喜びそうな…

Uncategorized

スペルの勉強

スペルの勉強といっても、複数人でクイズ形式でやっていくのも楽しいかと思います。 簡単な単語で、動物や色、物のスペルを思い浮かべるというものだそうです。 文字を推測して、単語を完成させるというもののようですが、意外にスペルを間違えていたりするので確認の意味でも良いかと思います。受験英語ではないので、記…

Uncategorized

英語が分からなかった時

英語で会話をしている時、単語が出てこない時があると思います。元々知らない単語である場合や、どうしても思い出せない場合など、会話をしていれば詰まってしまう場面にも出くわすでしょう。友人とのおしゃべりだったり英会話のレッスン中であれば、「この単語が出てこないんだけど」と聞いてもいいですし、「野菜の名前な…

Uncategorized

絵本や児童書を読む

本当の英語初心者が、「自分はまだ子供レベルの英語力しかない」と自覚する必要性と、「それは恥ずべきことではない」ということについて前項では述べてきました。では具体的に、どんなレベルに合ったことができるのでしょうか。 一つは、英語で書かれた絵本を読むことです。絵本については、洋書を扱っている書店で買うこ…

Uncategorized

レッスンの形態2

最後に大人数ですが、いわゆる授業型の場合が多く、個別に生徒を見るというよりかは、一般化されたポイントを淡々と話していく、という形式が多いようですね。イメージとしては、予備校の講義が最も近いのではないでしょうか?これのメリットは、他の二種と比べてとにかく値段が安いということでしょう。値段が安いというこ…

Uncategorized

レッスンの形態1

また「レッスンの形態」も重要なポイントです。具体的な種類として三種類を挙げれば、1対1で行う個別レッスン型、1対2~4のセミ個別レッスン型、それ以上の講義型(大人数型)などが挙げられると思います。1対1で行う個別レッスンの場合、3種類のレッスン体系の中でもっとも値段が高くなりがちです。確かに、講師と…

Uncategorized

日本人の従来の英語教育

近年、英語はアメリカやイギリスの言語という域を超え、全世界の標準語となっているような風潮があります。多くの国が加盟している国連ではたいてい英語で議論が行われていますが、実際英語を母語としている国は非常に少数なのです。またインターネット上でもコミュニケーションのほとんどが英語で行われています。この状況…

Uncategorized

こういうときはどう言うか

ラッシュアワーの電車の中なんて、足しかふむところがないときもあるくらい混んでいる。 そのとき、ふんだほうは、 I am sorry.(すみません) というんだけれども、ただ、このセリフはずいぶんつかわれるコトパなので、どうかすると「サンキュー」みたいなニュアンスに聞こえることがある。だから、できるだ…