Uncategorized

日本人の従来の英語教育

近年、英語はアメリカやイギリスの言語という域を超え、全世界の標準語となっているような風潮があります。多くの国が加盟している国連ではたいてい英語で議論が行われていますが、実際英語を母語としている国は非常に少数なのです。またインターネット上でもコミュニケーションのほとんどが英語で行われています。この状況…

Uncategorized

こういうときはどう言うか

ラッシュアワーの電車の中なんて、足しかふむところがないときもあるくらい混んでいる。 そのとき、ふんだほうは、 I am sorry.(すみません) というんだけれども、ただ、このセリフはずいぶんつかわれるコトパなので、どうかすると「サンキュー」みたいなニュアンスに聞こえることがある。だから、できるだ…

Uncategorized

日本人がよくまちがって発音

時と場合によっては一生の問題にかかわるようなたいへんなことにもなるかもしれない。恋人に愛を告白したくて、「アイ・ラプ・ュー」 なんでいったとき、loveじゃなくてrub発音をしたりすると、「ワタシはあなたをこすります」になっちゃって「キャア、さわらないで。イヤラシイ!」といわれて逃げられてしまう。 …

Uncategorized

英会話トレーニング

英語の力を測る方法はいろいろありますが、トレ―ニング中は、 11 分間に何ワード音読筆写出来たかで、自分の力を毎日測定してみましょう。 メニューで、その日のトレー二ングの音読筆写を 3回繰り返したら、 手元に秒針のある時計を用意して下さい。 その日に音読筆写したパラグラフの最初から、 1分間で出来る…

Uncategorized

言語のリズム

英語ができるようになりたいと考えている人は、ネイティブスピーカーのようにきれいな発音で流暢な英会話をすることを目標にするのではないでしょうか。しかし、発音だけがいくらうまくなったとしてもネイティブスピーカーには伝わりづらいでしょう。 突然ですが、外国人が外国語を話している時、内容を理解できなくても何…

Uncategorized

外来語としての英語

毎朝とどけてもらう新聞には、かならずといってよいくらい何枚もの広告チラシがはいって いる。それにも、カタカナ英語があふれでいる。 新 聞のチラシなんて、べつに英語の専門家が見るわけじゃない。家庭の主婦とか子どもとかおば あちゃんとか、そういう人に知ってもらわなくては意味ないのに、日本でつかわれている…

Uncategorized

音声の重要性

これまでの様々な研究から、動物も独自の言語を持っていることが解明されています。オーストリアの科学者は、蜜蜂がダンスによってお互いのコミュニケーションを図っていると発表し、ノーベル賞を受けています。またアメリカの神経生理学者は、イルカの出す声は他のイルカとのコミュニケーションの媒体であるととを解き明か…

Uncategorized

英会話教室の費用について

まず、企業に広告を多くだしている教室は要注意です。授業料の一部は確実に広告料に回されるので、上乗せされている可能性が高いです。 授業料が安い教室でも質の高い講師陣がいることもあります。広告や授業料に惑わされずに、自分で地道に教室を探しましょう。 自分の英語力を上達させるカギは自分のやる気です。与えら…