Uncategorized

英会話で話そう 続編

皆さんが、英会話を学んだのは、いつ頃からでしたか?最近は、子供の成長期における「臨界期」に沿って、子供が英会話に取り組む事で、早期英才教育を行うべきであるといった様々なソースが出回るようになり、そのようなえいきょうからも、幼児教育に熱心に取り組む親御さんたちが増加している傾向にあると言われています。…

Uncategorized

言葉の定着度

英会話学習の真の成果は定着度とも言えるでしょう。せっかく膨大な量のフレーズを覚えても、すぐ忘れてしまうようでは、効率は悪いですし、最悪ムダとも言えます。暗記という方法ではなく、頻出フレーズを完全記憶させることが重要です。短期決戦であれば丸暗記も否定しませんが、長期決戦となると苦痛で妥協してしまうこと…

Uncategorized

No 英会話,no life.

私が、英会話にハマったキッカケは、英会話の日本語にはみられないスタイリッシュな言い回しに惹かれたからです。だいぶ昔の事なのですが、「No music, no life.」という有名な広告のキャッチコピーを見た時に、なんて書いてあるんだぁ?という漠然とした興味から、英会話にハマってしまいました。なんと…

Uncategorized

頭の音に注目

言語獲得を復活させるための意外でありながらも、効果的でかつ効率的なポイン卜として、発音する際、「音の出だしで頭を叩く」という画期的な発音方法があるようです。これは、本当に頭を叩きながら喋るというわけではなく、単語練習などの時に取り入れるもので、練習の時から単語の頭の音を叩くように発音して単語をマスタ…

Uncategorized

子どもたちの好奇心に寄り添う

幼児英会話に取り組んでいるお父さん、お母さんのお悩みとして、英会話学習に子どもたちが好奇心を持ってくれないというようなことはありませんでしょうか。このようなお悩みを抱えているお父さん、お母さんの落とし穴としては、市販されている幼児英会話のカリキュラムを1から10まで定型のかたちで推し進めようとしてい…

Uncategorized

子どもたちの発育の中での役割

脳の発達は皆さんが義務教育に入学する以前からはじまっていると言われております。子どもたちの成長には、人種・社会・貧富・国籍など、様々な環境の違いがありますが、子どもたちの脳の発達においてお父さん、お母さんの働きかけはどのように作用しているのでしょうか。皆さんはご自身が親という存在になってから、ご自身…

Uncategorized

友人G英会話でモテる

英会話ができると本当にモテるのでしょうか。先日、友人Gが英会話教室に通い始めたのですが、その理由が「モテたい」という単純な理由からだったのだそうです。実際、職場などで英会話ができる男性の姿をみて皆さんはカッコEと思いますか。私自身が「NO」なので、友人Gの思い込みや勘違いが一人歩きしていると思ってい…

Uncategorized

子どもたちの学習環境

自分の英語コンプレックスを子どもの幼児教育として押し付けていませんか。夜の10時過ぎに主要な駅前には塾に通う子どもたちのお迎え渋滞が起こっている昨今の日本社会の中で、子どもの教育に対してパパママたちの過剰な取り組みを懸念するような声もあがっているようです。自分自身の幼少期に英会話が苦手であったパパや…

Uncategorized

英語の国・アメリカでの補助スタッフのあり方

先進国の一つ、アメリカの労働現場に置いて、特筆すべきなのは、さまざまな状況において、オールマイティーに業務をこなせる責任者だけではなく、専門業務に特化した「補助スタッフ」の活用が見られることです。たとえば医療の現場では、医師や看護師と共に働く補助スタッフに「医療行為に必要な物品の補充」「患者さんの院…

Uncategorized

シャドーイング

英会話の上達方法として、シャドーイングという練習方法があります。シャドーイングは、聞いた英文をそのまま口に出す方法です。英文を聞き終わってから声に出すのではなく、聞こえてくる英文をそのまま追いかける(影を追う)というのがポイントになります。聞くことと発音することを同時に行うために、非常に難易度が高く…